So-net無料ブログ作成
検索選択

殊能将之『美濃牛』:解説が気色悪い [ミステリ]

藤木稟の『黄泉津比良坂、血祭りの館』があんまり退屈で途中で投げた。
代えて読み出した『美濃牛』はさすがに読ませる。

とは言え、まあおもしろかったという感じ。
頭いい人はどうしても予防線張るから…
そして川崎賢子の解説がなんとも気色悪いのであった…


美濃牛 (講談社文庫)

美濃牛 (講談社文庫)

  • 作者: 殊能 将之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。