So-net無料ブログ作成

竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム』:おてあらいであせをふきたいかもしれない [ライトノベル]

びっくりした。
こんな不思議な(というのはあまりに陳腐だけど)話だったんだ。

そしてやはり竹宮ゆゆこは圧倒的に素晴らしい。


ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)

ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)

  • 作者: 竹宮 ゆゆこ
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2010/09/10
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

川原礫『ソードアート・オンライン』5~6巻:恐れ入りました [ライトノベル]

フェアリィ・ダンス編がイマイチだったのだ。
だから思ってしまっていたのだ。「こんなものか」と。

「こんなもの」ではありませんでした。

ファントム・バレット編には脱帽です。
心から「おもしろかったなあ」と言える。

もちろん細かい文句はつけられるだろうけど、とにかく「物語力」が桁違いだ。

そりゃあ売れるよ。
恐れ入りました。


ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・バレット (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・バレット (電撃文庫)

  • 作者: 川原 礫
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2010/08/10
  • メディア: 文庫



ソードアート・オンライン(6) ファントム・バレット (電撃文庫)

ソードアート・オンライン(6) ファントム・バレット (電撃文庫)

  • 作者: 川原 礫
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/12/10
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

古川薫『ザビエルの謎』:来日前が興味深い [本]

ザビエル(スペイン読みならハビエル)がバスク人だということをはじめて知った。
しかも父親はバスクの宰相で、スペインと戦って死んでいる。
ロヨラもバスク人だが、この戦いではスペイン側についていた。

いや、実におもしろい。
いろんなことを考える。

それに対して、来日後の話はいまいちピンとこなかった。


ザビエルの謎 (文春文庫)

ザビエルの謎 (文春文庫)

  • 作者: 古川 薫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【電王戦記念】人類vs最強将棋ソフト 勝てたら100万円!:なぜ3台にしたんだろう [雑記]

ニコニコ生放送で、アマ強豪がコンピュータソフトに挑む企画の2日目。
1日目は最高におもしろかったのだが…

どうしてマシン3台に増やしちゃったんだろう。

初手から終了まで、最強ソフトに挑む挑戦者たちの佇まいをじっくり見れるところが素晴らしかったのに。
ダイジェストで見せられたって、ちっとも感情移入できないよ。

わざわざ金と手間をかけて、せっかくの好企画を台無しにしているようにしか見えない。

ちぇ。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。